FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーレア島

5月18・19日 LOC

タヒチ本島・パペーテから海峡西に9マイル、モーレア島が見える。
TSさん、
せっかくタヒチまできて、運び屋の目的を済ませたとはいえ、
ゴミゴミしたパペーテだけでは、もったいないよね。って事で
モーレア島クック湾まで一泊クルージングに出掛ける。

朝8時、マリーナ・タイナの泊地を出る。
タヒチ島のブランケットを抜けると
後ろから力強い20~30ノットの東風がエスカルゴを運んでくれる。
またすぐ使うからと、テンダー「S」を後ろに引っ張っていたら
「S」が追波に乗って本船エスカルゴを追い越して行く。
感心して見たが、
何度か繰り返しているうちに、牽引していたロープが切れてしまった。
慌ててセールを巻き、自由を満喫している「S」を連れ戻しに行く。

クック湾
航路標識に従ってリーフの間を通過し湾内に入る。
左右にそそり立つ火山岩に挟まれ、前方は奥深い山の緑が広がる。
ヤシの木や他の木々も生き生きとした緑色で植物の生命を感じる。
リーフの外は、大波が立っているのに、さざ波すらない。
静か・きれい・・・。
これまで入った入り江で、最高の入り江だと思った。

が、しかし・・・。

湾のスロープ(浜)に40~50隻の6人乗りカヌーが並べてあり、
数台のバスから、どんどん人が降りて来て練習が始まった。
どうやら、高校生のカヌー大会があるようだ。
練習は、日が落ちるまで続いた。

朝、東の空が明るくなった頃、船外に出て見ると
すでに「ワッセ・ワッセ」とカヌーを漕いでいる青年で一杯だった。
やがて、エスカルゴを取り囲んだ40~50隻のカヌー団は、横一列に並び、
運営モーターボートのおじさんが「何とか!(意味不明の現地語)」と大声を出すと、
一斉にスタートして湾の入口を目指し消えて行った。
そして、
エスカルゴが出港するまで、帰って来なかった。

「どこまで、行ったんだろう・・・。」









Sent from Iridium Mail & Web.
スポンサーサイト
04 | 2018/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
プロフィール

eekaze/es3608

Author:eekaze/es3608

最新記事一覧
海と空の写真 2019/01/04
HP 2018/12/28
簡単にまとめ 2018/11/20
帰着しました。 2018/11/18
いよいよ沖野島マリーナ 2018/11/16
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Welcome
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。