FC2ブログ

Huahune島からRaiatea島

5月25日 

静かできれいな、Huahine島・Moroe。
パンを持った手を桟橋から海に浸けると
縞模様・黄色に青い目・数々の熱帯魚が寄ってきて
可愛いい尖った口で、パンを持った手を突っつく。
スノーケルセットは、いらない。
コーラルや海底も丸見え・・・。
桟橋で横になって海を見るだけでいい・・・。

こんな素晴らしい「Moroe入江」を0900出発する。

目指すは、同島の北西にある町
「Fare」(ファレ)
一度、パスから外洋へ出た後、島を4分の1回って北西のパスに入る。
これまでの「Moroe入江」と比べて賑やかな町で
すでに10~20隻のヨットがアンカーリングしていた。
数軒の商店と大きなスーパーがあり、
ヨットクラブのレストランも賑わっている。

ショップを歩いていると「エスカルゴ!」って声を掛けられる。
どこかで見た白人だけど、思い出せない。
適当に、How are you ?
などと握手をして会話したけど、やっぱり思い出せない。
数時間かかって、やっと
Ahe環礁とランギロア環礁で出会った、
ニュージーランドのヨットのカップルだったと思い出す事が出来た。
だったら、もっと話す事があったのに・・・。
その日の午後、
テンダー「s」のエンジンが急に止まって、流れ着いたヨットが
また、そのニュージーランドのヨットだった。
何だか、縁が有りそうな予感・・・。

ここ「ファレ」で2泊して、必要な物資を買い込み
5月27日 0930(現地時間)
次の島、「Raiatea島」へ向け出港する。
「ライアティア島」は、見える距離にあり
同日1300時には、パスを通過し、1430時「Uturaa」の港へ入る。
係留場所が分からず、空いている場所へ適当に着けた。
着けてはいけない場所なら、きっと誰かが何か言って来るだろう。
しばらくしても何事もないので、安心していた所へ
観光カタマランが客を乗せて帰ってきた。
「どけ~どけ~」って、しぐさをしている。
慌ててエスカルゴを移動させようとするが、どこへ移動していいのか分からない。
困っていると、ロープをほどいてくれた現地の人が
「あっち、あそこ」と指差しているではないか。
やった!
これで、係留場所をゲットする事ができた。

「Uturaa」は、ソシエティ諸島では、パペーテに次ぐ大きい町で、
隣のTahaa島からもモーターボートで買い物にやって来る。
そのボートがエスカルゴの回りへ沢山集まってきた。
車や人も多く騒々しい場所で、
せっかくゲットしたこの係留場所は1泊にして、
5月28日 1200時
静かな入江を求めて出港する。

エメラルドグリーンの海、リーフの内側(ラグーン)を2時間半航行し
1430時 「Tahaa島」Haamene湾の最奥まで入った。
小さな集落と桟橋があり他に何もない。そこに投錨した。

夜になった、時おり聞こえる犬の鳴き声しか、音が無く波も風も無い。 

静かだ~ 

集落から、太鼓の音が聞こえてきた。

「ドンドコ・コココ・ドンドン・コココ・・・」

タヒチアンダンスのリズムだ・・・。

満月の静かな夜・・・。













Sent from Iridium Mail & Web.
スポンサーサイト



04 | 2018/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
プロフィール

eekaze/es3608

Author:eekaze/es3608

最新記事一覧
その後、経過報告 2019/07/20
海と空の写真 2019/01/04
HP 2018/12/28
簡単にまとめ 2018/11/20
帰着しました。 2018/11/18
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Welcome
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク