FC2ブログ

日本入国(帰国)

日本に入国するすべての船舶は、
海上保安部(海保)に
「船舶保安情報」なる書類を入港24時間以上前にFAXにて、
提出しなければならない事になっている。
今回の太平洋ヨット旅で、沢山の国を訪れたが、
入国に、
コーストガード(海保)が立ち会うのは、日本だけ・・・だった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
グアムで、ネットのFaxサイトを利用して、「船舶保安情報」を提出した。
海保からの返信は、
>船舶保安情報確認しました。
>那覇港入港後は、立入検査を実施しますので、入港日が決まりましたら
>連絡をお願いします。
>また、CIQ及び那覇港管理組合へのも合わせて宜しくお願いします。

2014年にグアムから帰国した時は、宜野湾マリーナで入国の手続きを行ったので、
同じだと思い、宜野湾マリーナへ入港する旨連絡したら・・・
海保からの返信は、
>まずは、開港である那覇港に入港して頂き、CIQで必要な検査を行いますので、
>各CIQ関係機関へ連絡をお願いします。
>直接、検疫区域でない【宜野湾港マリーナ】への入港は、検疫法違反となり、
然るべき措置を採らなければなりませんので、ご承知願います。

「立入検査・然るべき措置」ですよ。
もっと適切な日本語、あるでしょうに・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10月24日午前9時に那覇港へ入港する旨、
関係機関と海保に連絡を入れてあったが、
午前1時に港入口に到着した。
予定より早いけれど、遅れるよりいいと思い
そのまま入港して着岸した。
朝まで寝ようと準備している時、
数人の制服の男がやってきた。
「海保」だ。
「どうして、予定より早く入港したのか」
強い口調で問い詰めてきた。
ヨットは、風で航行するので
グアムから沖縄まで航行して、ぴったりの時間に入港する事は、
不可能だと言ったら、
「夜間の入港は、危ない・・・。」
などと海保が言うので
夜間、港の入口で漂泊する方がよかった?
もっと危ないでしょう!
そして、遅れるより早い方がいいでしょう。
と言ったら
海保は、黙ってしまった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
深夜2時
「これから、立入検査を行うが
検疫が先なので船外に出ないように・・。」
と海保が言う。
でも、関係機関には、午前9時に手続って連絡してありますよ
と言うと
「今、海保から連絡したから、間もなく検疫・税関が来る」
と言う・・・。
しばらくして、
眠そうな顔つきで、検疫・税関の方々がやってきた。
「いつも、こんな夜中に入国手続きを行っているんですか」
と聞いたら、殆ど無いと返事があった。
「すみませんねぇ、常識のない海保で・・・。」
どうして、私が誤らなければならないんだ~

「取り調べ」のような深夜の入国手続きは、
書類・食品・備品を含むすべての物に不備は無く、
海保が帰ったのは、朝だった。

日本人が日本へ帰国する
それだけの事に
深夜、何時間もかけて10人以上の人が関わって・・・。
「日本」
どうかしてない?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

那覇港・明治橋たもとの岸壁
ここで取り調べのような入国手続きが行われた。
P1090252.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

船底のメンテナンスの為に
与那原(よなばる)マリーナへ回航する。
幅10mまでOKの60tクレーンがある。
P1090255.jpg


Before
P1090273.jpg


After
P1090289.jpg


船台が無かったので
キールのみで、つま先立ちを試みた。
この状態で3泊4日・・・。
P1090290.jpg

倒れないもんですねぇ~





10月25日

10月24日は、ゆっくり休んで、ガッツリ寝てました。

宜野湾マリーナが、いっぱいって事で、
本日、25日0900 与那原マリーナへ向け出港しました。
ここで、上架して船底のメンテを行います。
コーラルと接触したキズも治します。

沖縄 到着

10月24日 0130時

沖縄 那覇港に到着しました。

入国手続きの後、与那原マリーナへ向かいます。

まだ、ネットが繋がらないので・・・。

報告のみです。



Sent from Iridium Mail & Web.

10月22日

10月22日 1800 JST

出発地:グアム
目的地:沖縄・宜野湾

ポジション:25度20分N 129度59分E
コース:295度
スピード:5ノット
風向:東
風速:10ノット
残航:151マイル
気圧:1014hp
気温:25度

昨夜も
風速25〜30ノットまで吹き上がり、
波も悪く、「ドッタン・バッタン」と一晩中大変だった。
その分、距離が稼げて、
DayRan161マイル、最高タイ記録だった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
強風帯を越えて
南の太平洋の高気圧側から、
大陸の高気圧側へ入ったとたん
気温が下がり、涼しいと言うより寒くなった。

3月から、づっと
裸蔟のような服装で過ごしてきただけに、
服を着る事に戸惑いが・・・。

「どうしよう・・。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
このままだと
23日の深夜に宜野湾へ到着してしまうので、
スピードを落として時間調整している。
24日(水)の朝、到着出来そうだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本へ肉類を持ち込めないので
冷凍保存の肉を頑張って食べているが、
まだある・・・。

「明日は、Tボーンだ。」





Sent from Iridium Mail & Web.

10月21日

10月21日 1800 JST

出発地:グアム
目的地:沖縄・宜野湾

ポジション:24度10分N 132度40分E
コース:300度
スピード:6ノット
風向:北東
風速:15ノット
残航:314マイル
気圧:1012hp
天気:快晴

思案の末、漂泊をやめて走り始めたが、
20日夜、やっぱり、32ノットがやって来た。

メイン2ポイント、ジブ20%にして・・・。
他にすることもなく、
揺れる船内で横になっていたら・・・

「寝ていた。」

徐々に風も落ちて、夜明け前には、20ノット以下になる。

この強風帯も峠を越えたようだ。

水曜日に宜野湾到着の設定で考えている。

本日、久しぶりに「カツオ」が釣れた。






Sent from Iridium Mail & Web.

10月20日

10月20日 1700 JST

出発地:グアム
目的地:沖縄・宜野湾

ポジション:23度26分N 135度17分E
コース:290度
スピード:7ノット
風向:北東
風速:20ノット
残航:464マイル
気圧:1011hp
天気:曇り
気温:29度

来週は、
次の低気圧が南から北上して来そうだし・・。
発達したら、台風になりそうだし・・。
思案の末、
今朝0800時、漂泊をやめた。

沖縄に向かって30マイル程度走った辺りから
風が上がりはじめ、MAX29ノットになった。
波も立ってきた。
小さく巻いたジブとワンポンのメインで
7〜8ノットのスピードが出ている。

「あと4日もこれが続くんだ〜」

「もう・・揺れないでちょうだい〜」

「お願いだから〜」






Sent from Iridium Mail & Web.

10月19日

10月19日 1200 JST

出発地:グアム
目的地:沖縄・宜野湾

ポジション:23度17分N 136度06分E
コース:NIL
スピード:NIL
風向:NIL
風速:NIL
残航:509マイル
気圧:1012hp
天気:快晴
気温:32度

波風のない、穏やかな海で漂泊している。
一晩で約1マイル南東へ移動していた。

気象予報には、4つのモードがあり
それぞれが、微妙に違う予報を出している。

PWGモードでは、21日までオレンジ。(25ノット程度)
PWEモードでは、23日以降までオレンジと赤。(30ノット程度)
GFCモードでは、連日黄色と黄緑。(20ノット程度)
ECMWFモードも、連日黄色と黄緑。(20ノット程度)

「さあ・・・。」
「どうしよう・・。」

「とりあえず、明日の予報まで待とう。」




Sent from Iridium Mail & Web.

10月18日

10月18日 1700 JST

出発地:グアム
目的地:沖縄・宜野湾

ポジション:23度15分N 136度05分E
コース:NIL
スピード:NIL
風向:NIL
風速:NIL
残航:508マイル
気圧:1010hp
天気:快晴

何度も
何度も
何度も
気象予報を見る。

土日にかけて南下してくる
「強風帯」
これから進む航路で遭遇してしまう。

暴風ではないが、強風・・・。
画面の色は、オレンジから赤・・・。
これから500マイル、約4日間も・・。
大波・大風と共存するのは、ちょっと・・・。

いや、
ひょっとしたら、大した事ないかも・・・。

いや、
なってからでは、遅すぎる。

よっし!
船を止めよう。

本日、1700JST
セールを下ろし、エンジンを止めて
無風、鏡のような海面で「漂流」状態にした。
今夜は、「イカ」でも釣ってみようかね〜

今、漂っている場所は影響が少なそうなので、
数日間漂った後、「強風帯」の様子を見て
沖縄へ向かう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

来週後半の予報では、
グアムの東で「渦」が発達して「台風」になりそう・・・。
進路は、小笠原方面・・。

「なんじゃこれ〜」







Sent from Iridium Mail & Web.

10月17日

10月17日 1900 JST

出発地:グアム
目的地:沖縄・宜野湾

ポジション:21度50分N 136度23分E
コース:340度
風向:なし
風速:なし
残航:560マイル
気圧:1009hp
天気:晴れ
気温:30度

前線の強風と遭遇するのを避けるため
今日も「ゆっくり」と航行している。
風は、全くなし・・・。
右エンジンは、ストップして
左エンジンのみ1400回転で、3.5ノットも
艇速が出る。

金・土・日の3日間、波風が強くなりそうだ。
影響の少ない、
今いるこの辺りで、3〜4日間止まる事も選択肢と考えている。

「明日の朝、考えよう」





Sent from Iridium Mail & Web.

10月16日

10月16日 2000 JST

出発地:グアム
目的地:沖縄・宜野湾
ポジション:20度40分N 136度57分E
コース:340度
スピード:2ノット
風向:東
風速:4ノット
残航:623マイル
気圧:1010hp
天気:晴れ
気温:30度

強風を伴った前線と遭遇するため
コースを25度東へ振った。
今は、嵐の前の静けさで・・・。
そよ風でゆっくり進んでいる。
19日の金曜日まで、
このスピードでゆっくりと、
このコースで遠回りして進む事にした。
到着が1日遅れて
60マイルほど遠回りになるが、
真っ正面から、強い風と波を受けるよりましだろう。




Sent from Iridium Mail & Web.
09 | 2018/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
プロフィール

eekaze/es3608

Author:eekaze/es3608

最新記事一覧
佐田岬港 2018/11/12
豊後水道 2018/11/11
屋久島 安房 2018/11/10
安房 2018/11/09
古仁屋 2018/11/08
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Welcome
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク