アメリカン・サモアへ

7月11日1500(LOC)
7月12日1100(JST)
ポジション:15度14分S 170度39分W
コース:340度
スピード:4ノット
風向:東
風速:20ノット
残航:59マイル
気圧:1013hp
天気:曇り
気温:28度

相変わらず、
右からのアビーム・風速20ノット
このままでは、夜間パゴパゴに着くので、
スピードダウンして到着が朝になるよう調整している。
ジブは、完全に巻き、
ツーポイント・リーフのメインのみで航行しているが、
4~5ノットも出ている。
これでは、日の出前に着いてしまう。
風って、
要る時には、吹かず、
要らない時には、よく吹く・・・。
「どうして・・。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

9日の夜、右側のエンジンが急に止まった。
プロペラに、何かが絡まったのだろうと思ったが、
波が高く確認する事が出来ない。

このまま、パゴパゴへ入港する事も考えたが、
プロペラの前に舵がある構造上
片方だけのエンジンだと低速時、舵が効かない。

意を決して、海に入った。
サイドデッキの燃料ポリタンクを縛り付けていた
荷締めベルトが巻き付いている。
ナイフで外そうとしたが、
強く絞まっているのと、波で船体が大きく揺れて、
非常に困難な状態になり、さっさと諦めて上がった。

トイレの小窓が割れた大波の時、
束ねていた、ベルトが外れて流れたものと思われる。

ヨットのトラブルは、必ず連鎖するので、
トラブルが小さい内に徹底的に解決しなければ・・・。
肝に命ずる。

結局、
このまま片方のエンジンとセールで
パゴパゴへ入港するしかないようだ。
静かな港の中で潜って外そう。

でも・・・。
パゴパゴの港は、缶詰工場の廃液で
かなり、らしい・・・。

「シーチキンになるのは、いやだぁ。」







Sent from Iridium Mail & Web.

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

昔のパンゴパンゴと比べると、湾内の海が格段にきれいになっています。昔の湾内の海の色は茶色で、ビーチで水遊びをしている子供は見かけましたが、湾内で泳いでいる人はいませんでした。次はアピアですね?写真楽しみにしています。

No title

WAKISAKAさん
今日で5日になりますが、
まだ、日本人には会ってません。

俺のおじいさんは、日本人なんだ~
と話しかけて来た、太った若者には会いました。

No title

山田さん、ご無事で何よりです。よかったよかった!私が行ったとき(1980年)漁船関係の日本人が多く滞在していたのですが、今は韓国系の方が多くなったのですね。時代の推移を感じます。

No title

WAKISAKA さん
ご忠告、ありがとうございます。
ヨットでは、衛星経由の文字メールのみの環境なので
ブログのコメントを読む事が出来ません。
やっと、ネット環境が整ってコメントを読みました。
怖いですねぇ~
この港に人食いサメがいるんですね。
この港で絶対に海に入らない事にします。
でも・・・。
もう・・・。
やっちゃいました。
あああ~怖~。

潜る件 要注意!!!

山田さん
パゴパゴの湾の中で潜るのは絶対止めたほうが良いですよ。缶詰工場の廃液(魚の血がいっぱい)が流れているので、湾の中にはサメがいっぱいいます。私が行ったころ、日本のマグロ船の船長が皆の制止を振り切って、泳ぐために飛び込んだところ、サメに食われたという話を聞きました。それに湾の中は汚いのでプロペラは見えにくいです。島陰に入って、透明度が高いところで潜った方が良いと思います。
06 | 2018/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
プロフィール

eekaze/es3608

Author:eekaze/es3608

最新記事一覧
Samoa Apiaへ 2018/07/20
アメリカンサモア パゴパゴ 2018/07/19
アメリカンサモア・パゴパゴ 2018/07/16
アメリカン・サモアへ 2018/07/12
Am・サモアへ 2018/07/11
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Welcome
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク